入会特典付き

進研ゼミの資料請求、申し込みはこちら

↓↓↓
↓↓↓

科目・年齢

進研ゼミの英語学習を徹底調査!追加費無料チャレンジイングリッシュ

進研ゼミ中学講座・高校講座の英語学習について詳しくご紹介します。

近年、日本では国際化に向けて英語教育が大きく変わり、学習指導要領が見直されることになりました。

2020年度からは大学入試も現在のセンター試験が廃止され、大学入学共通テストが開始されます。

進研ゼミではこれらの背景を受け、これからの新しい英語教育に対応するために英語学習の内容を進化させました。

こちらのサイトでは、新しくなった進研ゼミの英語学習教材について、わかりやすくご説明しています。

注目の新英語学習教材「チャレンジイングリッシュ」の詳しい内容やオプション英語講座「オンラインスピーキング」についてもご紹介しています。

進研ゼミの英語学習について詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

\入会金無料 進研ゼミ中学講座・高校講座/

進研ゼミの英語学習について

2020年度の教育改革によって、英語教育や大学入試は大きく変わることになり、これからの新しい英語教育は以下の様に改変されることになりました。

新しい英語教育

  • 小学校での英語教育の早期化
  • 「聞く・読む・話す・書く」の英語4技能の育成を重視
  • 大学入試での4技能評価、資格・検定試験の活用

2020年度からの新しい英語教育では、今までのように単語や文法を覚えるだけの学習法ではなく、「聞く・読む・話す・書く」の4技能による英語が重要視され、世界に発信できる英語力の育成を目指します。

進研ゼミでは新しい英語教育への改変に伴い、2019年4月より英語を「使う」ことを重視した新英語教材「チャレンジイングリッシュChallenge English(習熟度別トレーニング)」の提供を開始しました。

「チャレンジイングリッシュ(習熟度別トレーニング)」は、追加受講費無料で受講できます。

それでは、チャレンジイングリッシュとはどのような内容なのか、詳しくご説明していきます。

進研ゼミ新英語教材「チャレンジイングリッシュ Challenge English」とは?

従来の英語学習と違い、使える英語を習得するには約3,000時間が必要と言われています。(ベネッセコーポレーション調べ)

ところが、日本の小学校から高校卒業までの標準的な英語の授業時間数は1,030時間程なので、英語を習得するには学校の授業だけでなく自宅での学習が必要なのです。

進研ゼミの新英語教材「チャレンジイングリッシュ (習熟度別トレーニング) 」は、基礎から高校卒業レベルまでの12段階で構成されており、自分のレベルに合わせて学習ができるので、入試や英語検定試験に向けて着実に得点力を伸ばすことができます。

チャレンジイングリッシュの概要

  • 基礎から高校卒業レベルの12段階別にレッスンが受けられる
  • 「聞く・読む・話す・書く」の4技能をバランスよく学べる
  • 英語検定試験対策も充実している

進研ゼミの新英語教材チャレンジイングリッシュは、忙しい中学生・高校生でも取り組みやすいように、デジタルコンテンツの量は毎月約15レッスン、1レッスンは約10分で構成されており、効率良く学習に取り組めます。

習熟度別に12段階に分けられているので、自分に合ったレベルを選択でき確実に実力を伸ばすことができます。

メインの「デジタルレッスン」では、「聞いたことを話す」「読んだことを書く」のように、リスニング対策はもちろんのこと4技能の全てをバランスよく学ぶことができます

特に日本人が苦手とする「話す」技能については、全レベルの学習で学ぶことができるため、レベルに合わせて無理なく会話力を伸ばすことができます。

また、英語検定試験の傾向などに合わせた学習対策も充実しており、CEFR B2レベル(英検準1級/GTEC1,190点)までの得点力を目指すことができます。

では次に、チャレンジイングリッシュの特長について見てみましょう。

進研ゼミ新英語教材 チャレンジイングリッシュの特長

進研ゼミ新英語教材「チャレンジイングリッシュ」の特長は以下の通りです。

チャレンジイングリッシュの特長

  • 個人に合わせたカリキュラム設定
  • AIを使用したデジタル学習
  • 出題形式ごとに検定対策ができる

では、チャレンジイングリッシュの特長について詳しく見てみましょう。

個人に合わせたカリキュラム設定

新英語教材チャレンジイングリッシュでは、目指したいレベルに合わせてカリキュラム設計をすることができます。

レベルチェック機能によって現在の自分の実力が確認できたり、学習状況から今の実力に合わせたアドバイスが受けられるので、目標に向けて着実に実力が伸ばせます。

AIを使用したデジタル学習

チャレンジイングリッシュは、デジタルレッスンによって英語4技能をバランスよく学ぶことができます。

中学・高校講座では、デジタルレッスン検定攻略モードの「speaking学習」の⾳声判定でAIを搭載しており、リスニングとスピーキングによる対話型実践レッスンが受けられます。

出題形式ごとに検定対策ができる

4技能検定対策テストでは4技能の力をCEFR軸で判定できるため、出題形式ごとに検定対策ができます

英語技能を伸ばすアドバイスももらえるので、やるべき課題に積極的に取り組むことができます。

※CEFR(セファール:Common European Framework of Reference for Languages)軸とは、「聞く・話す・読む・書く」の4技能別の語学のコミュニケーション能⼒を⽰す国際標準規格のことを⾔います。

進研ゼミ新英語教材「チャレンジイングリッシュ」の学習環境

進研ゼミ新英語教材「チャレンジイングリッシュ」を受講するには、以下の2つが必要です。

チャレンジイングリッシュ学習環境

  1. パソコン又は、タブレット端末、スマートフォン
  2. インターネット環境

チャレンジイングリッシュのデジタルサービスを利用するには、パソコン又はタブレット端末、スマートフォン、そして、常時接続可能なブロードバンド(光ファイバなど)インターネット環境と、Wi-Fi接続環境が必要です(10Mbps以上を推奨)。

※ネットワーク速度が遅く接続が不安定な環境では、快適にご利用できない場合があるのでご注意ください。

※中学講座でハイブリッドスタイル、もしくは中高一貫を選択されている方は専用タブレットでも受講できます。

※上記は2020年2月現在の情報です。最新情報は中学講座公式サイト高校講座公式サイトでご確認下さい。

進研ゼミ中学講座の英語学習

従来の英語学習と違って、進研ゼミ中学講座の英語学習はどのように進化したのでしょうか?

各個人のレベルに合わせて学習できるチャレンジイングリッシュの「英語4技能」と「英語検定対策」、そして、中学講座の「授業とテスト対策」の内容についてまとめてみました。

進研ゼミ中学講座 英語4技能

進研ゼミ中学講座で追加受講費無料で学習できるチャレンジイングリッシュでは、学年を超えた英語4技能の力を身に付け、変化する高校・大学入試に合わせて、中学生がこれから求められる英語のコミュニケーション力が養えます。

実力に合わせた12段階習熟度別カリキュラムという細かいステップになっているため、4技能の力をトータルで積み上げ無理なく実力をUPできます。

では、デジタルで学べるチャレンジイングリッシュの英語4技能(聞く・話す・読む・書く)のトレーニングのイメージについてご説明します。

リスニング(聞く)

問題に適したわかりやすい画像が提示され、英語での質問に答える形式になっています。

レベルに合った内容になっているので、聞き取る力を段階的に高めることができます。

スピーキング(話す)

音声認識機能が使用されています。

実際の会話を聞きながら発話トレーニングができるので、自然に話す力が身に付けられます。

リーディング(読む)

英語の長文が画面上に提示され、質問も英語で表記されます。

制限時間が画面上で確認できるので、様々なテーマの長文を時間を意識しながら、スピーディーに読み解く力をトレーニングすることができます。

ライティング(書く)

質問に選択形式で答えるようになっています。

テーマの決め方や書く順番の考え方、英文にする手順を身に付けることができます。

進研ゼミ中学講座 英語検定対策

習熟度別に無理なく実力が伸ばせるチャレンジイングリッシュは、英検®やGTECなどの検定対策も可能です。

高校受験までに英検®3級の取得をはじめ、準1級まで目指せるトレーニングも用意されているので、目標に向けて着実にレベルを上げていくことができます。

進研ゼミ中学講座 英語学習「授業・テスト対策」

進研ゼミ中学講座はデジタル学習のチャレンジイングリッシュだけでなく、受験につながる授業・テスト対策ができる英語用のテキストも充実しています。

中学講座英語学習 授業・テスト対策

  • 授業で学ぶ表現を使って「話す」「読む」「書く」力をUPさせる
  • 定期テストで高得点が目指せる
  • 都道府県別出題傾向に合わせた入試対策ができる

進研ゼミ中学講座ではスピーキングテストでよく出題される 「発表・スピーチ」形式の問題に取り組んだり、スピーチの発音や個別添削指導も受けられ、授業で学ぶ英語表現を使って話す力をUPさせます。

また、授業の進度に合わせて教科書の英文で単語や文法を覚え、英文をスラスラと読む力を付けたり、赤ペン先生の添削で書く力も養えます

定期テスト前には本番でよく出る形式の長文読解に取り組み、 授業で学んだ英単語や表現を使って得点に結びつけたり、リスニング問題に取り組むことで聞く力も伸ばせます

最近ではリスニング問題に高い配点を置く都道府県が多くなりましたが、各県の最新の出題傾向が分析された問題に取り組むことで、高得点を狙える力が養成できます。

進研ゼミ高校講座の英語学習

高校時代は部活や学校行事、課題など、大学受験を控えながらもとても忙しい時期ですよね。

進研ゼミ高校講座では、毎日忙しい高校生が短時間で効率よく学べるように、スマホを活用した英語4技能の対策が追加受講費不要で受講できます。

個人の実力に合った個別対策がスマホを利用して手軽にできたり、完全個別指導でライティング対策や外国人講師とのスピーキングによって、話す力も伸ばすことができます。

また、英語の資格や検定試験のリハーサルもできるので、自信を付けて本番の試験に臨むことがでできます。

では、これから益々重要となる英語4技能対策がどのように学習できるのか、進研ゼミ高校講座の英語学習の特長についてまとめてみました。

進研ゼミ高校講座 英語学習の特長

高校講座 英語学習の特長

  • チャレンジイングリッシュで個別対策ができる
  • 英語4技能検定のリハーサルができる
  • オンラインスピーキングで「話す」「聞く」力が伸ばせる
  • 予習復習効率UPアプリでスキマ時間に暗記ができる

チャレンジイングリッシュで個別対策ができる

進研ゼミ高1・高2講座では、レベルチェックを行って現在の4技能の実力を判定し、各個人に合った対策で基礎固めをします。

そして、12段階のレベル別に分けられた習熟度別トレーニング(チャレンジイングリッシュ)によって、苦手を克服しながら着実に目標に近づくことができます。

習熟度別トレーニング(チャレンジイングリッシュ)はスマホを活用し1回5分ほどで学習できるので、スキマ時間を有効に活用することができます。

英語4技能検定のリハーサルができる

英語4技能 検定リハーサルBOOK

進研ゼミ高校講座では、英語学習テキスト「4技能検定リハーサルBOOK」で英語4技能のすべてを、検定形式に合わせた対策ができます。

リハーサルBOOKのトライアルテストで実戦演習ができるだけでなく、詳しい解答や解説が付いているので、解くためのステップが明確になり、自信を付けて本番の試験を受けることができます。

オンラインスピーキングで「話す」「聞く」力が伸ばせる

オンラインスピーキング

進研ゼミ高1・高2講座では、月に1回「オンラインスピーキング 」を追加受講費不要で受講することができます。

「オンラインスピーキング 」は1レッスン約15分の授業で、 個人のレベルに合わせて外国人講師とマンツーマンでスピーキングができます。

発音からアクセントまでばっちり指導してもらえるので、会話力が上がり「話す」英語の対策ができます。

更に、検定実施月には検定専用レッスンがあるので、本番の試験に向けての実施トレーニングに役立てることができます。

※オンラインスピーキングは英語受講者のみ受講できます。

※スマートフォンの他にも、PC・タブレットで利用できます。

予習復習効率UPアプリでスキマ時間に暗記ができる

進研ゼミ高校講座では時間を有効活用したい高校生のために、効率よく学習できるスマホアプリも充実しています。

「予習復習効率UPアプリ」は各学校に合わせた授業内容で、テキストにスマホをかざすだけで即アクセスでき、要点を絞った解説で、短時間で疑問を解消することができます。

重要な単元には映像で講義が見られるので、講師の説明で授業内容の理解度を深めることができたり、スキマ時間を利用して英単語の暗記や意味調べも完璧にこなすことができます。

進研ゼミは英語のみ受講できる?

進研ゼミ中学講座・高校講座で英語のみの受講はできるのでしょうか?

中学講座・高校講座で英語だけを受講したい場合についてご説明します。

進研ゼミ中学講座 英語のみ受講について

進研ゼミ中学講座は、実技を含めた9教科と英語4技能に対応しており、教科選択制の学習システムではありません

9教科の中で英語のみを受講することは可能ですが、学習したい教科を選択して受講するシステムでないので、たとえ英語だけを受講しても受講費は変わらず、英語以外の教材も送られてきます。

ですが、塾や英会話スクールに通うよりも、コストをかけずに中学卒業レベルの英語力を身に付けることができ、これから重要となる4技能の対策もできるので、自宅で英語力を付けたい方におすすめです。

進研ゼミ高校講座 英語のみ受講について

高校講座では英語のみの受講もOKです。

高1・高2講座では、英・数・国の3教科の中から、学習したい教科を選んで受講することができます。

尚、3教科全てを受講すると、理科・地歴公民の教材も追加受講費不要で受講できるのでお得です。

また、高3生用の大学受験講座も1科目から受講したい科目を選んで学習することができるので、英語のみの受講ができます。

ただし、 大学受験講座は2020年度4月より新入試体制に備えて、選択科目数に関係なく「新入試基本講座」として5教科の基本講座が、受講者全員に選択科目とセットでプラスされることになりました。

高校講座の受講費について詳しく知りたい方は、下記のサイトを参考にしてください。

進研ゼミ有料オプション英語教材 オンラインスピーキング

進研ゼミ有料オプション英語教材「オンラインスピーキング(旧名称マンツーマントーク)」は、外国人講師とマンツーマンでトークができる中高生用の英会話レッスンです。

日本人講師とのライブ授業で実践演習もできるので、英語で自分の考えを伝えるために必要な語彙・文法・表現を身に付けることできます。

これから重要視される英語4技能をバランスよく学べるので、実践力が身に付き英語を強みにすることができます。

オンラインスピーキングの特長は以下の通りです。

オンラインスピーキングの特長

  • デジタルレッスンと実践演習との連動で無理なく英会話に取り組める
  • ライブ授業と英会話レッスンの繰り返しで英語の正しい表現力が身に付く
  • 1回15分の集中レッスンで臨機応変な発信力が養える
  • 資格・検定試験に対応し、入試でも有利に活用できる
  • 1時間前まで予約や変更ができ、部活などと両立できる

オンラインスピーキングは外国人講師とオンラインで直接話せるので、自分で伝えたい事の表現力がUPします。

検定試験や入試にも対応しているので、目標とする英語力レベルに必要な知識と発信力を身に付けることができます。

NET上で時間の予約と変更も簡単にできるので、忙しい中高生でも無理なく学習を続けることができるのもメリットです。

※オンラインスピーキングを受講する場合には、パソコンまたは「チャレンジパッド2,3」などのタブレット端末、マイク、ウェブカメラが必要です。(チャレンジパッド2,3はマイクウェブカメラが内蔵されています)

オンラインスピーキングの受講費

回数金額(税込 消費税率10%)
 月2回 2,580円(1,290円×2回)

オンラインスピーキングは、2020年4月から新たに検定攻略コースが加わることになりました。

検定攻略コースは5級から準1級までの英検対策が行え、検定合格に特化した英作文やスピーキングを集中的に学習することができます。

詳細についてはこちらをご覧ください。

進研ゼミ英語学習のまとめ

進研ゼミでは2020年度からの新しい英語教育の改革に伴い、習熟度別に学習できるデジタル学習英語教材「チャレンジイングリッシュ」を導入しました。

チャレンジイングリッシュは追加受講費不要で受講することができ、これから益々重要視される英語4技能を各個人のレベルに合わせて学習できるので、着実に実力がUPできます

更に、英語検定試験にも対応しているので、実践で使える英語力も伸ばすことができます。

また、高校講座ではスマホアプリを利用して、スキマ時間に英単語の暗記や授業の予習復習などもできるので、忙しい高校生でも短時間で効率よく学習することができます。

進研ゼミの公式サイトでは、無料で資料請求ができます。詳細を知りたい方は、是非一度確認してみてください。

入会金0円 進研ゼミ中学講座高校講座

-科目・年齢

Copyright© 進研ゼミなび , 2020 All Rights Reserved.

\進研ゼミの申し込みはこちら/
\無料体験教材・資料申し込みはこちら/